ページの先頭です
ここから本文です

ちょっとした工夫で今すぐ取り組める「耐震補強」

「耐震補強」と言っても,工事が必要なものばかりではありません。このページでは,ちょっとした工夫で今すぐに取り組めるものをご紹介します。
では,さっそく家の中を点検してみましょう!!


地震でぐちゃぐちゃになった室内の図

点検ポイント1 家具の設置の仕方は大丈夫ですか?

  • 逃げ道をふさいでしまわないように,家具は出入り口から離れたところに置きましょう。

  • 家具は垂直、または下に新聞紙や板を挟んで,壁にもたれさせるように置きましょう。

  • じゅうたんやたたみなど,不安定になる敷物の上には背の高い家具を置かないようにしましょう。

このページの先頭へ

点検ポイント2 家具を固定しましょう!

  • 壁や家具に傷が付いても問題ない場合は,L型金物と木ネジを使います。L型金物を壁の柱に対して直角に上部に置き,木ネジでとめます。

  • 壁や家具に傷を付けたくない場合や,L型金具や木ネジが使えない場合は突っ張り棒を使うこともできます。

  • 引き出しも飛び出すと危険です。タンスの引き出しにはストッパーを取り付けましょう。
たんすにストッパーをつけた図たんすにストッパーをつけた図たんすにストッパーをつけた図

  • テレビはラックや専用のテレビ台に乗せているケースが多いので,まずはテレビ本体と台を固定します。テレビの底の四隅に粘着性の耐震シートを貼るか,もしくはバンドタイプの固定金具を使って固定します。

  • テレビ台も固定します。キャスター付きのテレビ台は滑り出す恐れがあるのでキャスターははずしましょう。

このページの先頭へ

点検ポイント3 ガラスや食器が飛び散らない工夫が出来ていますか?

  • 大地震が起こったらガラスが割れてしまうこともあります。しかしたとえ割れても破片が飛び散らなければ,ケガの被害は少なくて済みます。

  • 窓ガラスの飛散防止にはあらかじめガラスに飛散防止フィルムを貼っておく,という方法もあります。

  • 食器棚の扉にガラスが使われている場合は強い揺れで食器が飛び出てガラスが割れることがあります。ガラス飛散防止フィルムを貼っておきましょう

  • 食器棚が両開きの場合は,強い揺れで勝手に開いてしまうことがありますので,鍵を付けておきましょう。

  • 棚のみを固定しても中の食器類が飛び出す恐れがあります。そこで食器棚の中を,すべり止めになるマットで固定します。

このページの先頭へ

点検ポイント4 火災に注意出来ていますか?

  • 地震の後の火災は非常に危険です。

  • 台所には消火器が備えてありますか?備えている場合は消火器の有効期限も確認しておきましょう。

  • 暖房機器のそばに洗濯物やカーテンなど燃え移りやすいものがありませんか?燃えやすいものはできるだけ遠ざけましょう。ストーブは耐震自動消火装置付きの物を選びましょう。


  • テレビなど家電製品のそばに花瓶や水槽など水の入ったものを置いていませんか?
    地震で倒れてコンセントに水がかかったらショートして,火災が起こる可能性もあります。 水の入ったものは家電製品から遠ざけましょう。

結び : これらの他にも様々な方法があります。
以下のサイトも参考にしながら,家族全員で取り組んでください。

参考資料:財団法人 消防科学総合センター「地震・・・その時に備えて」シリーズ


参考リンク:

このページの先頭へ